色々な音源が購入可能になっていたHDtracksだが、それでもやっぱり買えない音源あり!そんな時には「串刺し」ですが、そんな時に使ってみたいソフト!!

スポンサーリンク

 以前に比べると日本からも購入出来る音源の数が大幅に増えていたアメリカの音楽配信サイト「HDtracks」(http://www.hdtracks.com/)ですが、調子に乗って色んなものを買ってみようと思ったところ、早速、購入出来ないものにぶち当たった(笑)

 今回の狙いは、Van Halenの6枚組のアルバム(といってもハイレゾ音源の配信ですが・・・)「Studio Albums 1978-1984」というタイトル。

 ネット上をさまよっていた時にこのタイトルが「HDtracks」から配信されているのを知り、早速検索してみましたが、検索結果に現れてきません。これはもしかしたら・・・?と思い、他のものも検索してみると、やはり、同じように検索結果として出てこないものがあります。

 日本国内からでも購入出来るタイトルが増えていたと思っていましたが、やはりそれでも、まだまだ、だめなモノのほうが多いのかもしれません・・・。と、昨日とは全く反対の意見を書き連ねておるわけですが(笑)

 まあ、気を取り直して、こんな時は「串を刺しちゃえばいいか!」くらいの簡単な気持ちで、以前のようにフリーのプロキシサーバーを利用してIPアドレスを偽装して、アクセス元を偽装しようと、以前の方法(自分が利用していたのはブラウザの設定を変えたりする方法です)を試みようとしたのですが、ここでなにか他にいい手はないものかとネット検索してみたところ、簡単、便利な方法を見つけました。

 これは、もうかなり前に色々なサイトでも取り上げられていたようですから、自分が知らなかっただけで(笑)、今回初めて実際に使ってみたところ、かなり簡単でした。

 その方法とは、フリーソフトの「spotflux」を利用する方法です。

s1

 こちらのページから自分が使用しているOS用の「spotflux」をダウンロードしインストール、それでけで簡単にIPアドレスを偽装することが出来ました。

 無料版は広告が表示されたりしてちょっとばかりうざい気もしますが、「HDtracks」にアクセスする時にだけ使う分には、特に問題ありません。

s2

 ソフトを起動するとこの画面が。中央の「ENABLE」を押すと、「spotflux cloud」というところを通ってインターネットに接続し、トラッキングクッキー・ウイルス・マルウェアを排除し、アクセス元やユーザー情報を隠してくれる仕組みになっています。

s3

 接続が完了するとこの画面に。

s4

 こんな表示も出てきますよ。これだけで完了です!

 ちなみにこの「spotflux」を利用しているとアクセススピードが極端に遅くなります。ですから、自分の欲しいタイトルを検索し購入完了までは、この「spotflux」を起動した状態でIPアドレスを偽装し、その後は「spotflux」を終了して通常のネット接続に戻して音源をダウンロードしたほうがいいようです。

 購入が完了してしまえば、日本からの通常の接続でも「My Account」の「Recent Orders 」に購入したタイトルが表示されますので、そのページからいつでも好きな時にダウンロードが出来ます。

 今回のVan Halenの「Studio Albums 1978-1984」購入にあたっても、同様の方法で行いました。

 ネット上でも色々と情報が出ているようですが、現時点で「HDtracks」はこの方法で商品検索も購入も出来ます。支払いに関しても以前はpaypalだとアメリカ国内の住所と電話番号必須、クレジットカードの場合も、アメリカ国内発行のものでしか支払い出来なかったようですが、今回試してみたところ、日本国内発行のクレジットカードで、会員登録の請求先住所も日本国内の住所のままで購入することが出来ました(paypalは試していません)。

 あくまで自己責任でお願いしますね(笑)

 今後、もしかしたらこのような方法が使えなくなるかもしれません。もちろん、どうなるかは解りませんが、どうせ変わるなら、いい方向に変わっていってくれることを期待したいですね!




コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました