TEACのポータブルヘッドホンアンプ HA-P50 購入! いつもの開封の儀(笑)

スポンサーリンク

 今年に入って初のオーディオ関係の買い物です(笑)

 TEACから発売されたばかりのポータブルヘッドホンアンプ HA-P50 を買ってきました。

 発売されたばかりということで、オーディオ関連のサイトにはメーカー発表のニュースリリースを元に書かれた記事や、せいぜい発売前にメーカーから貸与された本機を使ってのレビューくらいしか見つけられませんでしたので、それならばと早速、購入してきました(笑)

 まあ、こんなものは他人の耳や感想はアテになりませんし、店頭での試聴も自分が使う環境とは違いますから、これまたアテになりませんから、結局は自分で買ってみるのが一番速いわけです(笑)

 この商品自体、店頭での販売価格は28,000円程度ですから、たとえ失敗したとしてもそれほどの痛手ではないですしね・・・。

20140406_133729_1

 まずは外箱から。iOS搭載製対応であることを示す、いつもの「Made for iPod iPhone iPad」マークもしっかりついてます。

20140406_133826_1

 ふたをちょっと開けてみたら、ベロのところに「REFERENCE TO GO」の文字が・・・。TEACが展開中の「REFERENCE 500シリーズ」と同じコンセプトで作られていて、出かけた先でも「REFERENCE 500シリーズ」のコンセプトを楽しんでほしいということなのでしょうか・・・。

20140406_133832_1

 さらに開けていくと、両側の内蓋には簡単な接続ガイドが書かれています。

20140406_133934_1

 本体以外に、DAPと固定するためのバンド2本、取扱説明書(兼保証書)、USBケーブル、そしてUSB-A DC充電ケーブルがついています。この充電用のケーブルはUSBポートから直接DC端子に接続して充電するためのものです。

20140406_134045_1_1

 左から、ヘッドホン端子、ライン入力(兼光入力)、ゲイン切り替えスイッチ、ボリュームつまみ(兼電源スイッチ)で、電源オンの状態ではPOWERイージケータが写真のようにブルーに光ります。ちなみに充電が無くなってくると、このブルーのランプがゆっくりと点滅を始めます。

20140406_134100_1

 反対側です。ひだりからDC端子(ここに付属のUSB-A DC充電ケーブルを挿して充電することが出来ます)、入力切替スイッチ、そしてUSB Micro B と USB A 。USB Micro B の方はPCと接続するために使いますが、こちらで充電することも出来ます。Android端末やiOS搭載製品を接続する場合は USB A を使用します。

20140406_134340_1

 ボディはブラックにヘヤーライン仕上げで、なかなか高級感がありますが、この塗装や前後に張り出したバンパーは、SONYのポータブルヘッドホンアンプ PHA-2 を彷彿とさせるデザインですね(笑)

 というわけで、今回はここまで。音のレビューは、次回から(笑)

 といいながらまともなレビューしたことないんですよね(笑)典型的な買っちゃうだけで楽しいタイプですから・・・(笑)




コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました