JPEG撮って出し!よりも、やはりRAW現像!!なのか…

スポンサーリンク

普段はSNSなどへの投稿は、当然のようにJPEG撮って出しです。

現在、愛用している FUJIFILM X-Pro2 は、メモリーカードスロットが二つあり、一方をJPEGで、もう一方をRAWで記録する設定にしている。

JPEGで記録しているスロットの方は、FUJIFILM CAMARA REMOTE をインストールしたiPhoneやiPadに接続してデータを転送することができるので、撮影したその場ですぐにSNSに投稿することが可能。

実際にJPEG撮って出しでも、全く問題はないと思うが、せっかくだからRAW現像も試してみた。

DSCF1247

FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R ISO400 1/210 F2.8 RAW現像 シャドートーン+3

比較対象のJPEG撮って出しは掲載しないが、ジーンズの質感、地面のシャドー部の質感も、かなり良くなった感じはする。

確かに FUJIFILM RAW STUDIO のシャドートーンやハイライトトーンは、想像していたよりもかなり有効な機能だと感じた。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました