FUJIFILM のフィルムシミュレーション Velvia もいいけど ASTIA も悪くない!

スポンサーリンク

FUJIFILM X-Pro2 のJPEG撮って出し、フィルムシミュレーションは基本的に「Velvia」を使っている。

これは1990年代にフィルム撮影をしていた時の常用フィルムが Velvia だったので、そのころの色彩感覚が、なんとなくだが自分自身の中に残っているからだと思う。

見た目が派手な感じだが、その派手さだけでなく、色彩の豊かさが自分は好きだ。

FUJIFILM の RAW現像ソフト「FUJIFILM RAW STUDIO」では、現像する際に、このフィルムシミレーションも選ぶことができる。

物は試しにと今回「ASTIA」を試してみた。

DSCF1286

FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R ISO400 1/420 F11 フィルムシミュレーション ASTIA

「Velvia」と違い、落ち着きのある色合いで、これはこれでなかなかいいね。

そういえば、ASTIAというフィルムは使ったことなかったな…。久しぶりに本物の Velvia で写真撮ってみようか…。



コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました