学生時代に使っていたNikon F3を復活させてみる!

スポンサーリンク

 なぜか突然、フィルムを使って写真が撮りたくなった。

 クローゼットの中を整理していたら、保管していたカメラバックや、その中身がたくさん出てきた。

 その中身とは、すなわちカメラやレンズなどのことだ(笑)

 学生時代に使っていた Nikon F3 も2台出てきた。



 本体の電池もモータードライブの電池も抜いて休眠状態だったが、家の中に転がっていた電池を適当に詰め込んだら、ちゃんと動いてくれた。もう何年も使っていないカメラたちが、長い眠りから覚めて、まだまだ元気な姿を見せてくれた。

 それで、久しぶりにこのカメラたちを使って写真を撮ってみようと思ったのだ。

 さて、ここで問題が…。そもそも、今の時代にフィルムを売っているのか? さらに、撮影したフィルムは現像できるのか??

 どうやら自分は、とんでもない世間知らず! 時代遅れ!? だったようだ。

 ちょっとネットを調べただけでわかったことなのだが、現在、世間様はフィルムでの撮影がちょっとしたブームになっているらしい。そして、そのブームに乗じてかどうかは知らないが、今でもちゃんとフィルムは売られており、大手カメラチェーン店では現像を受け付けている。さらに、店舗によっては当日仕上げまで受け付けているらしいのだ。

 インターネット関連の部署に異動になってから、自分自身の仕事関係での撮影は全てデジタル。当然、毎日の通勤でも持ち歩いているのはデジカメとスマホ。これだけで仕事はすべて済んでしまうわけだから、フィルム関係の情報は必要なかった。

 今回は、どうせならモノクロで撮ってみようと思い、モノクロフィルムを購入することに。

 そこでこんな変わったフィルムを見つけた。



 ILFORD XP2 SUPER 400

 このフィルム、モノクロフィルムながらカラーネガフィルムの現像工程である「プロセスC-41」が使える。要するに、カラーネガフィルムの現像を受け付けてくれるお店で現像できるということだ。

 まずは、このフィルムでフィルム撮影復帰です(笑)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました